Back
植物エストロゲンおよび内分泌攪乱物質の精子形成への影響評価に対するDNA : マイクロアレイを用いた判定法の開発   :   A DNA microarray analysis for the effect of spermatogenesis to phytoestrogen and endocrine disrupters in mice. 

作成者 足達, 哲也, 櫻井, 健一, 深田, 秀樹, 小宮山, 政敏, 芝山, 孝子, 井口, 泰泉, 森, 千里
作成者 (ヨミ) アダチ, テツヤ, サクライ, ケンイチ, フカタ, ヒデキ, コミヤマ, マサトシ, シバヤマ, タカコ, イグチ, タイセン, モリ, チサト
作成者の別表記 Adachi, Tetsuya, Sakurai, Kenichi, Fukata, Hideki, Komiyama, Masatoshi, Shibayama, Takako, Iguchi, Taisen, Mori, Chisato
キーワード等 植物エストロゲン, 内分泌攪乱物質, 精子形成, バイオマーカー, DNAマイクロアレイ
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 植物エストロゲンであるゲニステイン(Gen), 合成女性ホルモンであるジエチルスチルベステロール(DES), または容器コーティング剤として用いられるBisphenol A (BPA)をマウス新生任期に投与することによって, 生殖能を有する時期での精巣において発現が変化する遺伝子をcDNAマイクロアレイ法を用いて検索した。また同時に従来の精巣機能および精子形成評価を合わせて行った。DESを50μg/mouse/day, Genを1mg/mouse/day, またはBPAを0.2mg/mouse/dayを, 生後すぐからICR雄性マウスに5日間皮下投与を行った。3か月後に体重, 精子数, 精子運動能, 精巣重量を測定した。また精巣からRNAを調製し, cDNAマイクロアレイ法にて非投与群に対して発現に差のあるものを検索した。DES投与群において精子数, 精子運動能, 精巣相対重量は対照群に比して有意に低値を示した。またBPA投与群では精子数, 精子運効能が有意に低値を示した。しかしながら, Gen投与群では精子数, 精子運動能, 精巣相対重量に対照群に比して有意な差は認めなかった。各化学物質曝露によって精巣で発現に差の生じた遺伝子は, マウスcDNAクローン約8800種のうち, DESでは34種, Genでは38種, BPAでは12種が見い出された。これら結果から, 内分泌攪乱物質曝露によって発現変化を引き起こす遺伝子をcDNAマイクロアレイ法を用い多数の遺伝子について一挙に解析することができた。Genでは従来の判定法で変化を認めないにも関わらず, 発現変化する遺伝子が存在することが明らかとなった。このことからこれらの遺伝子を内分泌攪乱物質曝露のマーカーとして利用することができると考えている。
In this study, we examined the effect of neonatal exposure of genistein (Gen), diethylstilbestrol (DES) or bisphenol A (BPA), known as endocrine disrupters on testicular gene expression, using DNA microarray analysis. Male ICR mice, 1 day after birth, were used, and the mice were exposed to Gen (Img/mouse/day), DES (50μg/mouse/day) or BPA (0.2mg/mouse/day) for 5 days. The testicular RNA of 3-month-old mice was prepared, and the difference between the exposed and the nonexposed group of endocrine disruptors was determined using the DNA microarray method. The genes whose expression was changed with administration of Gen, DES or BPA are number 38, 34 and 12, respectively, in 8800 genes. Our results suggest that DNA microarry analysis is useful method by which a large number of the gene expression changes are simultaneously detected, and that neonatal exposure of endocrine disruptors causes a number of changes in gene expression in the testes of adult mice.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00031301
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.77 no.3 page.151-158 (20010601)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004235773.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

569 times.


Search
Related Materials in




植物エストロゲン
内分泌攪乱物質
精子形成
バイオマーカー
DNAマイクロアレイ