Back
ラット凍結保存大動脈移植モデルにおける同種移植組織の構造変化.   :   The structual changes of cryopreserved aortic allograft in implantation of rats 

作成者 塚越, 芳久, 増田, 政久, ピアス, 洋子, 中島, 伸之
作成者 (ヨミ) ツカゴシ, ヨシヒサ, マスダ, マサヒサ, ナカジマ, ノブユキ
作成者の別表記 Tsukagoshi, Yoshihisa, Masuda, Masahisa, Pierce, Yoko, Nakajima, Nobuyuki
キーワード等 cryopreserved allograft, aorta, deendothelialization, endothelial cell, electron microscope
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 【目的】臨床応用も行われている凍結保存同種組織であるが, 移植後の生体内での変化については不明な点が多い。今回我々はラット凍結保存同種大動脈移植モデルにおいて電子顕微鏡・免疫染色法を用いて検討を行った。【方法】Brown-NorweyラットをDonorとして胸部下行大動脈を採取し, グラフト内皮の剥奪処理群と保存群に分けて, プログラムフリーザーを用いて凍結し一週間保存した後解凍し, RecipientのWisterラットの腹部大動脈に移植。これを1w・2w・4w・3Mで採取し, 走査型及び透過型電子顕微鏡と免疫染色法を用いて比較検討した。【結果】Donor内皮を保存した群と内皮を剥脱処理した群を比較すると, Donor内皮細胞保存群では, 除去群に比べて移植後1・2週において有意に内皮細胞の新生が遅延していた。また, 今回の大動脈グラフトでは移植後4週以上のほとんどに石灰化や弾性板層の断裂を認め, 移植後3ヶ月以上ではグラフト中央部で高率に瘤化を来していたが, 瘤化の発生率は両群間に有意差を認めなかった。【結論】Donor内皮細胞保存群では, 有意な内皮細胞新生の遅延を認め, Donor内皮細胞の存在は内膜新生を遅らせると考えられた。また, 凍結保存同種大動脈移植片は, 移植後長期になると石灰化や弾性板層の断裂, 瘤化等のような変化を来すことにより長期成績が不良となる可能性がある。
Objective: The cryopreserved allograft has already been used clinically in operation for the replacement of the cardiac valve, and its early result is reported to be excellent. Recently the clinical use of the aortic allograft has been introduced, therefore, we studied the changes of structure of allografts by electron microscopy and immunohistochemistry in an implantation model using the rat thoracic aorta. Materials and Method: Cryopreserved rat thoratic aortas was implanted with and without donor's endothelial cell into allogenic recipients after cryopreservation for a week. Results: The donor endothelial cell preserved group showed a significant delay in neogenesis of the endothelial cell 1 to 2 weeks after transplantation compared with the removed group. The cryopreserved aortic allografts mostly showed calcification of the tunica media, tears of the elastic lamina and occasionally aneurysmal formation at 4 weeks or more after transplantation. Conclusion: The existence of the donor endothelial cell is considered to delay neogenesis of the endothelial cell. The long-term result of cryopreserved aortic allograft can not be improved by endothelial removal.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00031642
ISSN 03035476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.77 no.5 page.337-345 (20011001)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004235935.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

817 times.


Search
Related Materials in




cryopreserved allograft
aorta
deendothelialization
endothelial cell
electron microscope