Back
胸部大動脈瘤ステントグラフト内挿術3例の経験   :   Three cases of endorascular stent-grafts placement on the descendig thoracic aorta. 

作成者 ピアス, 洋子, 林田, 直樹, 村山, 博和, 松尾, 浩三, 浅野, 宗一, 大橋, 幸雄, 黄野, 皓木, 半田, 武巳, 龍野, 勝彦, 川口, 聡, 島崎, 太郎, 横井, 良彦, 石丸, 新
作成者 (ヨミ) ハヤシダ, ナオキ, ムラヤマ, ヒロカズ, マツオ, コウゾウ, アサノ, ソウイチ, オオハシ, ユキオ, コウノ, ヒロキ, ハンダ, タケミ, カワグチ, サトシ, シマザキ, タロウ, ヨコイ, ヨシヒコ, イシマル, シン
作成者の別表記 Pearce, Yoko, Hayashida, Naoki, Murayama, Hirokazu, Matsuo, Kozo, Asano, Soichi, Ohashi, Yukio, Kono, Hiroki, Handa, Takemi, Tatsuno, Katsuhiko, Kawaguchi, Satoshi, Shimazaki, Taro, Yokoi, Yoshihiko, Ishimaru, Shin
キーワード等 血管内治療, 仮性大動脈瘤, 残存解離
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 3例の開胸手術が困難と思われる症例に対し, ステントグラフト内挿術を施行した。1例は外傷による肺挫傷後の大動脈峡邦の仮性瘤, 2例目は気管支喘息の既往があるStanford B型大動脈解離術後の中枢側吻合邦瘤, 3例目は低肺機能があるStanford A型大動脈解離に対し上行大動脈置換を施行後, 遠位弓部の残存解離が径6cm以上となった症例である。総大腿または外腸骨動脈から, tug of wire法[2]にて20Fのsheathより4連のself expandable Gianturco Z-stentと平織りポリエステルグラフト(UBE, thin wall)で作成されたステントグラフトを内挿した。手術時間は2時間半から3時間で, 術後endoleakもなく良好に経過した。長期遠隔成績が不明な新しい治療法であり, 厳重な経過観察を必要とすると思われるが, 今まで外科治療が難しいとされたこれらの症例に対する新しいオプションとして期待される。
Three difficult cases with thoracic aortic aneurysms were successfully treated with transluminal placement of stent-grafts in a short surgical time. The first patient had thoracic isthmus pseudoaneurysm due to the trauma with pulmonary contusion. The second patient had proximal anastomotic leakage after grafting of Stanford-type B dissection of aorta with bronchial asthma. The third patient had inadequate pulmonary function and residual dissection of distal arch after grafting to Stanford-type A dissection. Endovascular stent-graft placement on the descending thoracic aorta is less invasive and is a good option for the patient who has difficulties with open repair, though the long-term result is unknown and additional careful observation is required.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00031696
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.77 no.6 page.413-416 (2001-12-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004235998.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

747 times.


Search
Related Materials in




血管内治療
仮性大動脈瘤
残存解離