Back
病體解剖社   :   The first medical society to study pathological anatomy and surgical techniques in Japan-Byotai Kaibou-sha. 

作成者 石出, 猛史
作成者 (ヨミ) イシデ, タケシ
作成者の別表記 Ishide, Takeshi
キーワード等 病體解剖社, 田代, 基徳, 切断要法, 外科技術, 醫事新聞, 医療史
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 西南戦争(1877)が戦われた翌年の明治11年, 田代基徳を中心とした陸軍々医たちによって, 東京府下谷区で「病體解剖社」が設立された。設立の趣旨は, 病理解剖を行うことと外科技術の修得にあった。その剖検結果は, 同時期に基徳によって刊行された『醫事新聞』に掲載された。その掲載記録から, 明治13年までこの病理解剖が行われたことが推定される。当時の医学教育機関において, 病理解剖の教育が系統的に行われていたという資料は見出されていない。医学史研究においても, 「病體解剖社」について触れたものは極めて少ない。本稿では「病體解剖社」の活動の一部について触れる。
In 1877 (Meiji 11th), in the next year of the Seinan War, the army doctor Yoshinori Tashiro and his colleagues organized Byotai Kaibou-sha in Shitaya, Tokyo. Their purpose was to study pathological anatomy and surgical techniques. The results of these studies were published in Iji-Shinbun established by Yoshinori Tashiro. These studies are thought to have continued until 1879 (Meiji 13th). However, the pat pathological anatomy that was systematically taught during this period has not previously been presented. This study presents some of the work of the Byotai Kaibou-sha, which has been a rare field of study throughout Japanese medical history.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00031839
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.78 no.1 page.7-14 (2002-02-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004237604.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

954 times.


Search
Related Materials in




病體解剖社
田代
基徳
切断要法
外科技術
醫事新聞
医療史