Back
生活習慣病死のリスク要因 : 静岡県における1985年健康診査受診者の10年後の追跡研究.   :   Risk factors for death from lifestyle-related diseases : a 10-year follow-up study of subjects who underwent health examination in Shizuoka prefecture in 1985 

作成者 島田, 陽子, 島, 正之, 安達, 元明, 野尻, 雅美
作成者 (ヨミ) シマダ, ヨウコ, シマ, マサユキ, アダチ, モトアキ, ノジリ, マサミ
作成者の別表記 Shimada, Yoko, Shima, Masayuki, Adachi, Motoaki, Nojiri, Masami
キーワード等 life prognosis, lifestyle-related disease, risk factor, cohort study
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 悪性新生物, 心疾患, 脳血管疾患は, 日本人の三人死亡原因で, 全死因の60.3%(1998年)をしめる。われわれは, 1985年に静岡県の2町村で老人保健法の基本健康診査を受診した住民のコホートを作成し, いわゆる生活習慣病による死亡のリスク要因について分析した。コホートは計2099人からなり, 全員30歳代以上であった。コホート作成10年後の受診者の生命予後をみると, 死亡者数は245人であり, 内訳は悪性新生物死75人, 心疾患死48人, 脳血管疾患死49人で, 三者を合計した「生活習慣病死」は172人(死亡率70.2%)であった。この健診コホートについてロジスティック回帰分析を行なった。目的変数は悪性新生物死, 心疾患死, 脳血管疾患死, 「生活習慣病死」であり, 説明変数として性, 年齢にくわえて, 健康診査での成績, 生活習慣にかんする項目を20とりあげた。「生活習慣病死」では, オッズ比の大きい順にスポーツ(する), 喫煙(吸う), 尿糖(陽性), 米飯(少量)の項目が生活習慣にかかわるリスク要因であった。三人疾患死には共通のリスク要因がみられず, それぞれに独立の要因があげられた。悪性新生物死では, 尿糖(陽性)の項目がリスク要因のひとつであった。この結果は, 糖尿病がある種のがんの発生に関連しているという説を疫学的な見地から支持する。
Neoplasm, coronary heart disease and cerebrovascular disease are major causes of death in Japan. We investigated risk factors for death from these 'lifestyle-related diseases' in a cohort of subjects who underwent health examination in two particular districts of Shizuoka prefecture in 1985. The cohort comprised 2, 099 subjects in total; all were over 30 years of age. We examined their life prognoses after 10 years and found that 245 subjects were dead: the numbers of deaths from neoplasm, coronary heart disease and cerebrovascular disease were 75, 48 and 49, respectively. Our data were subjected to logistic regression analyses to evaluate the causes of death as target variables. Explanatory variables were sex and age, and 20 factors were used, including laboratory data obtained from the health examination and lifestyle factors listed in the questionnaires. Statistically significant parameters related to lifestyle are as follows: playing sport, yes; cigarette smoking, yes; glucosuria, positive; rice consumption, small amount; butter intake, no. Our analysis showed that these were independent risk factors, but did not reveal a common factor for the three leading causes of death.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00031840
ISSN 03035476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.78 no.1 page.15-28 (20020201)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004237605.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 英語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

553 times.


Search
Related Materials in




life prognosis
lifestyle-related disease
risk factor
cohort study