Back
乳頭腫脹が自然寛解した視神経乳頭黒色細胞腫の1例   :   Spontaneous recovery of disc swelling in a case of melanocytoma. 

作成者 星野, 章子, 溝田, 淳, 安達, 惠美子
作成者 (ヨミ) ホシノ, アキコ, ミゾタ, アツシ, アダチ-ウサミ, エミコ
作成者の別表記 Hoshino, Akiko, Mizota, Atsushi, Adachi-Usami, Emiko
キーワード等 視神経乳頭黒色細胞腫, 悪性黒色腫, 母班, 視神経障害
日本十進分類法 (NDC) 493.73
内容 右眼の視神経乳頭に, 直径3/2乳頭径で約2mm突出した黒色の腫瘤があり, その他の部分の視神経乳頭の辺縁は不整で, 発赤がみられる症例を経験した。28歳女性で, 蛍光眼底造影検査や, MRIなどの所見から腫瘤は黒色細胞腫と考えられた。1年後の検査において, 腫瘍の大きさに変化はなく, その他の部位の視神経乳頭の辺縁は整となり, 色調も正常化した。視神経乳頭の変化の原因として, 循環障害が考えられ, その後側副血行路の発達により, 視神経乳頭所見が改善したと考えられた。
A 30-year-old female showed a black tumor of the optic nervehead in her right eye. The size of the tumor was 3/2 disc diameter and it was slightly elevated by 2 mm. The remaining part of the optic nervehead looked hyperemic and its margin was blurred. From the findings of fluorescein angiogram and MRI the patient was diagnosed as having melanocytoma. The disc swelling was considered to be due to insufficient vascular supply by the compression of the tumor. One year after the initial visit, the size of the tumor did not change but the margin of the remaining part of the optic nervehaed became sharp and its tone became normal. We supposed the development of the collateral circulation caused these changes of optic nervehead.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00033016
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.79 no.3 page.97-100 (20030601)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004238094.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

645 times.


Search
Related Materials in




視神経乳頭黒色細胞腫
悪性黒色腫
母班
視神経障害