Back
国立大学の法人化後における司法解剖のあり方について   :   What should be done around judicial autopsies after national university will become independent institutions? 

作成者 岩瀬, 博太郎
作成者 (ヨミ) イワセ, ヒロタロウ
作成者の別表記 Iwase, Hirotaro
キーワード等 国立大学法人, 司法解剖, 法医学
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 司法解剖は法医学という医学領域にとって不可欠な業務であるだけでなく, 社会的にも非常に重要な役割を担っている。しかしながら, その経費に関しては, 改善されるべき問題があったにも関わらず放置されてきたのが実情である。近年, 犯罪は増加傾向にあり, 司法解剖の数は増加してきているが, 司法解剖の経費を巡っては, 司法解剖が文部科学省に所属する職員の公務であるという建前の元に, 嘱託者から大学に, 解剖やその他鑑定に必要な諸検査の必要経費が納入されぬまま放置されてきた。そのため, 解剖数が増加してきたのに, 人員は文部科学省の行政改革の名の下で削減され, 解剖関連設備の充実化もなさないという結果をもたらした。また, 元来, 鑑定業務は時間のかかる業務であるので, 人員削減がなされたために, 本来の大学院大学としての研究・教育業務に従事する時間が減少してしまう結果になった。来年度から国立大学は法人化されるが, これを契機に, 大学法人は経費を嘱託者に請求するなどして, 経費の問題を解決すべきであると考えられる。
Needless to say, judicial autopsies are essential in the field of forensic medicine. Furthermore, they are very important for our society. However, there have been problems as to their costs. Although numbers of crimes and autopsies are increasing every year, the government has never taken the problems into consideration. So far, the autopsies have been performed by employees of the national universities as public servants and their costs are assumed to be paid by the Minisitry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT). For that reason, the costs have never been paid by clients (police or prosecutor). As a result, due to limited budget for a whole university from MEXT, the number of employees has been reduced and hardware for autopsies has never been improved in spite of increasing autopsies. In such situation, only a few employees must work for many autopsies and there is only a small time for research and education, which are originally essential work for university. National universities will become Independent Administrative Institutions next year and they will have rights to ask clients to pay the costs. With this chance, the problems of the costs should be solved.

公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00033317
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.79 no.6 page.235-241 (20031201)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004238421.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

442 times.


Search
Related Materials in




国立大学法人
司法解剖
法医学