Back
IVUSにて強い減衰を認めるプラークが6ケ月の経過で消失し, Late stent malapposition (LSM)をきたした1例   :   第1074回千葉医学会例会・第26回千葉大学循環病態医科学・第三内科懇話会 

作成者 小川, 恭秀, 黒田, 央文, 芳生, 旭志, 大西, 正記
日本十進分類法 (NDC) 493.2
公開者 千葉医学会
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
資源識別子 5
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00033427
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.80 no.1 page.38-38 (20040201)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004238543.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

835 times.


Search
Related Materials in