Back
「高瀬舟」 : 語り手のスタンス 

作成者 滝藤, 満義
作成者の別表記 Mitsuyoshi, TAKITO
日本十進分類法 (NDC) 913.6
内容 森鴎外の「高瀬舟」は、「語り手」がしばしば話題になる短篇である。一見してわかるように、この作品は、三人称客観小説の形式を一応とっている。しかし短篇であるにもかかわらず、その三人称の語りは決して安定はしていないのである。作品の「語り手」が話題にならざるを得ない所以である。
公開者 千葉大学文学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00034398
ISSN 0386-2097
NCID AN00142942
掲載誌情報 千葉大学人文研究 no.35 page.47-64 (2006)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/jinbun35_Takito.pdf
情報源 The journal of humanities
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

2469 times.


Search
Related Materials in