Back
CLINICAL SIGNIFICANCE OF TWO NEW CYTOKERATIN-RELATED TUMOR MARKERS, CYTOKERATIN ANTIGEN AND CYTOKERATIN FRAGMENT 21-1 IN GYNECOLOGICAL MALIGNANCIES   :   新しい2種のサイトケラチン関連腫瘍マーカー,cytokeratin antigenとcytokeratin fragment 21-1の婦人科癌における臨床的意義 

作成者 Inaba, Noriyuki, Fukasawa, Ichio, Okajima, Yuko, Ota, Yoriko, Iwasaki, Hideaki, Matsui, Hideo, Takamizawa, Hiroyoshi
作成者 (ヨミ) イナバ, ノリユキ, フカサワ, イチオ, オカジマ, ユウコ, オオタ, ヨリコ, イワサキ, ヒデアキ, マツイ, ヒデオ, タカミザワ, ヒロヨシ
作成者の別表記 稲葉, 憲之, 深沢, 一雄, 岡嶋, 祐子, 太田, 順子, 岩崎, 秀昭, 松井, 英雄, 高見沢, 裕吉
キーワード等 CKA, CYFRA 21-1, Cytokeratin, Tumor marker, Gynecological malignancies, 原著, ORIGINAL PAPER
日本十進分類法 (NDC) 490
内容 上皮性細胞由来のサイトケラチンは癌組織にても広く分布し,腫瘍マーカーとしての臨床応用が試みられている。本研究では新しく開発された2種のサイトケラチン関連腫瘍マーカー,cytokeratin antigen (CKA)とcytokeratin fragment 21-1 (CYFRA 21-1)についてその臨床的有用性を産婦人科領域において汎用されているcancer antigen 125 (CA 125)やtissue polypeptide antigen (TPA)と比較検討した。子宮頸癌,内膜癌および卵巣癌44例における治療前血中高値率(陽性率)はCYFRA 21-1 56.8%,CA 125 50.0%,TPA 45.5%ならびにCKA 13.6%で,特に卵巣癌,子宮内膜癌においてCYFRA 21-1は70.0%および53.8%とCA 125に匹敵する陽性率を示した。さらにCYFRA 21-1はTPAやCA 125が陰性である婦人科癌のそれぞれ11.4%および6.8%において陽性を示した。一方,婦人科良性疾患40例における偽陽性はCKA,CYFRA 21-1およびTPAでは見られなかったが,CA 125では症例の35.0%に達した。また,肝炎や肝硬変における陽性率はTPAおよびCKAではそれぞれ23.0%,52.9%に達し,肝障害を惹起する抗癌剤使用例のモニターリングマーカーとしては不適切であると思われた。以上より,CKAは産婦人科領域の腫瘍マーカーとしては不適当であるが,CYFRA 21-1はCA 125やTPAの補助的な,あるいはそれに取って替わる有望な腫瘍マーカーと考えられた。
Cytokeratins are widely distributed in epithelial cells and carcinomas. We investigated the clinical significance of two new cytokeratin-related tumor markers, cytokeratin antigen (CKA) and cytokeratin fragment 21-1 (CYFRA 21-1) in patients with gynecologic malignancies by comparison with tissue polypeptide antigen (TPA) and cancer antigen 125 (CA 125), which are widely used tumor markers for endometrial and ovarian cancers. The pretreatment positivity rates were 13.6-1.527023or CKA, 56.8 0.000000or CYFRA 21-1, 45.5-1.520622or TPA and 50.0 0.000000or CA 125 in 44 patients with gynecologic malignancies (cervical, endometrial and ovarian cancer). The positivity rates for CYFRA 21-1 and CA 125 were almost equal at 53.8-61.5 0x1.93ab809308098p-1021nd 70.0 0n endometrial and ovarian cancer, respectively. However, positivity for CA 125 reached 35.0 2694016n 40 patients with ovarian cysts, uterine myoma or endometriosis. Furthermore, CYFRA 21-1 was positive in a respective 11.4 0x1.bd82dbff85498p-1022nd 6.81114100230f the patients with malignancy, in whom TPA or CA 125 were not elevated. This study concludes that as a gynecologic tumor marker, CYFRA 21-1 is quite useful in sensitivity and specificity, while CKA is not promising.

公開者 千葉医学会
寄与者 千葉大学医学部産科婦人科学講座
寄与者の別表記 Department of Obstetrics and Gynecology, School of Medicine, Chiba University
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00047073
ISSN 0303-5476
NCID AN00142148
掲載誌情報 千葉医学雑誌 Vol.69 no.5 page.319-326 (1993-10-01)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004506237.pdf
情報源 Chiba medical journal
言語 英語
関連情報 (URL) http://c-med.org
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1115 times.


Search
Related Materials in




CKA
CYFRA 21-1
Cytokeratin
Tumor marker
Gynecological malignancies
原著
ORIGINAL PAPER