Back
『少年愛の美学』とフロイトの反復説   :   "Shonen-Ai no Bigaku" and Freud's Recapitulation Theory 

作成者 高橋, 孝次
作成者の別表記 タカハシ, コウジ, TAKAHASHI, Koji
キーワード等 稲垣足穂, 少年愛の美学, フロイト, 反復説, 江戸川乱歩
日本十進分類法 (NDC) 913.6
内容 『少年愛の美学』は、性愛の一元論が展開される、稲垣足穂のもっともよく知られたエッセーである。従来本書は「啓蒙の書」とされてきたため、主にその感性的了解を促すような特徴的な語り口が研究の俎上にあげられてきたが、本稿では『少年愛の美学』の理論的基盤の形成過程に社会的文脈を導入することで、性愛論が形而上学へと変成する様態を跡付けることを目的とする。そのために、フロイトの『性理論三篇』と『少年愛の美学』の比較から、フロイトの「反復説」こそ『少年愛の美学』の核となる理論であることを明らかにし、フロイト言説の理解の転換点をヴァリアント分析から導く。さらに、フロイト受容の経緯から、『少年愛の美学』形成史において重要な役割を担う江戸川乱歩の存在を浮上させ、フロイト言説とともに「A感覚」や「宇宙的郷愁」といった足穂文学の重要概念をも戦前の同性愛研究を引き継ぐ乱歩の媒介なしに成立し得なかった可能性を指摘する。
公開者 千葉大学大学院人文社会科学研究科
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00066674
ISSN 1883-4744
NCID AA12170670
掲載誌情報 千葉大学人文社会科学研究 no.21 page.(1)-(14) (20100930)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/irwg10/jinshaken21-28.pdf
情報源 Studies on Humanities and Social Sciences of Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

2018 times.


Search
Related Materials in




稲垣足穂
少年愛の美学
フロイト
反復説
江戸川乱歩